Xcode(ver9.2)とswift編4 文字を配置、シュミレーションで確認、もう一つ画面を作る、ボタンで次のページに by.安野水優

home  PROFILE DIARY NOVEL  STUDY  Xcodeとswift  LINK

 

(私は初心者です。自分の備忘録代わりに投稿していくつもりです)

ここから先はXcode(ver9.2)の場合の説明になります。

(※「Xcodeとswift編1」で間違いを修正しました。タイトル名と自分の名前を日本語にしていましたが、英語じゃなければだめなそうです)

目次
1.「ストーリーボード」で文字を置いてみよう。
2.アプリの確認をしてみましょう。
3.文字の色とサイズを変えてみましょう。
4.打った文字などを消す方法。
5.画面をもうひとつ作成。
6.ボタンを押すと次のページに行くように設定。

 

1.「ストーリーボード」で文字を置いてみよう。

「ユーティリティエリア」の上から下まで見たとき、中間位置らへんにマーク選択バーがあるので、右から二つ目のマークを選択。

「Label」と書かれた文字を選択。「done」を押して、「ストーリーボード」内の左側にある矢印の指している四角く囲まれた部分が画面(アプリで表示されるものの位置などを見る画面)なので、貼り付けたい位置に「Label」をドラッグ&ドロップで持ってきてください。

文字を打っていき、フレームのサイズが小さいようなら大きくしてみましょう。(この時点では文字サイズは変わりません)

文字と同じ要領でボタン等色々ドラッグ&ドロップできますので試してください。

 

2.アプリの確認をしてみましょう。

上のバー (時間などが表示されているバー)

から「Product」を選択。「Destination」の中からOSを選びましょう。私はとりあえず自分の持っているスマホのOSにしてみます。

「Xcode」を開いている画面の上に再生マークの三角の印と停止の四角いマークを見つけたら、再生マークを押します。

「シミュレーター」が立ち上がります。

最初は少し時間がかかります。

入力した文字などの確認ができるはずです。

 

3.文字の色とサイズを変えてみましょう。

打った文字を選択した状態で「ユーティリティエリア」の上のバーの左から四番目の「Color」もしくは「Font」で色々と試してみましょう。

文字が入りきっていないようだったら、ストーリーボード内の文字を打った部分の枠のサイズを変えてみてください。

4.打った文字などを消す方法。

文字などの入ったフレームをタップしdeleteキーを押します。

5.画面をもうひとつ作成。

「ストーリーボード」で画面の外に適当にドラッグ&ドロップで動かします。

 

6.ボタンを押すと次のページに行くように設定。

文字を入れた要領でボタンを作ります。「ユーティリティエリア」の上下の中間位置らへんにマーク選択バーがあるので、左から右から二つ目のマークを選択。

ボタンに矢印ポイントを合わせ「control」キーを押しながらもう一つの画面に持っていきます。「show」を選択します。

 

まだswiftコードを使ったやり方が分からなくて、もしかしたら今までに間違った部分があるのかもしれません。

分かり次第修正しますね。

 

Xcodeとswift編3:Xcode画面の名前と「ストーリーボード」と画面に色 by.安野水優

home  PROFILE DIARY NOVEL  STUDY  Xcodeとswift  LINK

 

(※私は初心者です。勉強しつつ備忘録を書いていきます。Xcodeのver.9.1と9.2)

目次
前回までのページ修正
1.Xcode画面の名前
2.日本語設定にする。(間違ってます。あとで修正します)
3.「ストーリーボード」を開く。
4.背景色を変えよう。

前回までのページ修正。
どうも、私が作った「練習1」のことを「ファイル」とよんでいましたが、正式には「プロジェクト」というようです。

私のXcodeのバージョンが最新のものでないことに気づきましたが、アップデートがうまくできないので、しばらくver.9.1で書いていきますが、アップデートが済んだらそれ以降はver.9.2にしますね。(それまでに覚えたこともver.9.2の分を追加に記載していく予定です。

 

1.Xcode画面の名前(最初に開いた画面の説明)

試しに作ったプロジェクト(「練習1」(英語じゃないといけませんので「product」に変更しました))を開きます。

一番左の画面が「ナビゲータエリア」。

中央の大きな画面が「エディターエリア」。

一番右の画面が「ユーティリティエリア」です。

 

2.「ストーリーボード」を開く。

ナビゲーターエリアの上から二番目の文字(フォルダ名、(「product」))の中にある「Main.storybord」を選択します。

エディターエリアの部分が変わります。これが「ストーリーボード」です。

 

3.背景色を変えよう。

「ストーリーボード」画面を開き、「View Controller Scene」(9.2の場合、三角マークを押すと選択できます)を選択、「View」を選択。

「ユーティリティエリア」の一番上のマーク左から4つ目のマークを選択。

「Background」の右隣を触ると色選択画面がポップアップされるので、好きな色を選択。

 

ここから先は自分のバージョンを変えたのでXcodeのver.9.2の説明になります。

 

次 Xcode(ver9.2)とswift編4 文字を配置、シュミレーションで確認、もう一つ画面を作る、ボタンで次のページに by.安野水優

Xcodeとswift編2:Xcodeのバージョン確認と閉じ方開き方など by.安野水優

home  PROFILE DIARY NOVEL  STUDY  Xcodeとswift  LINK

 

(※私は初心者です。勉強しつつ備忘録を書いていきます)

目次 昨日の書き漏れ等修正(注意事項有り)+説明
   1.自分のXcodeのバージョンの確認方法。
   2.Xcodeで作成したファイルデータの開き方。(「練習1(英語じゃないといけませんので、「product」に変更しました)を開こう)
   3.Xcodeの閉じ方。
感想。

 

昨日の書き漏れ等修正(注意事項有り)+説明

さて、昨日書いた文章はいくつか間違っていたので修正。

アップデートの際の注意と私のバージョンが書かれていなかったので記載しました。

追加記載事項(赤文字部分)

(※すでにインストール済みの方のアップデートには注意が必要です。バージョンアップすると、それまでのXcodeの知識やSWIFTの知識が使えなくなってしまう場合があるからです)

(※私の現在のバージョンはver.9.1です。調べたところ9.2でも大丈夫です)

昨日の段階では「Xcode」の分かりやすいガイダンスがあると書いたのですが間違いで、「Xcode8」と「Xcode9」に対応する「swift」の入門書でした。(「iBooks」のアプリを入れる必要あり)

昨日の夜「swift」を少し勉強したのですが、まずある程度「Xcode」が分からないと勉強自体が難しそう、と感じました。

いろんなネットの情報や本がありますが、ヴァージョンが同じものでないと、実際に動かすときにXcodeの使い勝手が違ってやり方が分からなかったり、せっかく覚えたswiftの文字が対応していなかったりするので、注意が必要みたいです。

今日ここに記載するのはXcodeの基本中の基本の部分ですね。
ある程度Macの使い方を知っている方なら、見なくても分かるかもしれません。

 

下に書かれている内容。(※Ver.9.1の場合です。以下同)

 

1.自分のXcodeのバージョンの確認方法。

  1-1.Xcodeを開きます。

 (※昨日触ったままで「product」を開いた状態か閉じたあとの状態かで確認方法が違います)

   1-1-1.Xcodeを立ち上げ最初の画面で「Welcome to Xcode」と書かれた画面が開かれていれば、一回閉じたあとの状態です。

     「Welcome to Xcode」の下にバージョンが書かれています。

 

  1−1−2.「product」プロジェクトがすでに立ち上がっている状態だと一番上に「Xcode」と書かれたバーになっていますので、そこを押して「About Xcode」を押すと「Xcode」と書かれた画面が開き、「Xcode」の文字の下にバージョンが書かれています。

 

2.Xcodeで作成したプロジェクトの開き方。(「product」を開こう)

 2−1.「Welcome to Xcode」の画面からプロジェクトを開く。

  右端にプロジェクト名(「練習1」)が書かれているのでそこをタップ。

 2−2.Xcodeが立ち上がっていてプロジェクトが開いている状態から以前作ったプロジェクト(「練習1」)を開く。

  一番上の「Xcode」と書かれたバーの「Xcode」の隣「File」を選択し、「Open」を選択。

 自分が作ったフォルダを選択した後、フォルダでないプロジェクト、拡張子「.xcodeproj」を選択し「Open」を選択。  

 

3.Xcodeの閉じ方。

 上のバーの「Xcode」を選択し、「Quit Xcode」を選択。

 

感想。

うん、まず自分のバージョンに対応する「アプリを作ろう(超入門)」的な本があるといいんじゃないか、と思いました☆

「swift」は入手した入門書が分かりやすいので、そこから学んでいけばいいかな。

ただ、薄い本だと、作りたい物が作れるだけの情報がなさそうですね。

そこでもう一冊自分のバージョンに対応する「Xcode」に関する本も必要じゃないかな。

最初は簡単な入門書を読みつつ、作りたいアプリにとって必要な情報を勉強してアプリを作りながら学ぶのがやる気を継続する方法じゃないかと思いました。

次は Xcodeとswift編3:Xcode画面の名前と「ストーリーボード」と画面に色 by.安野水優

Xcodeとswift編1:最初の一歩 by.安野水優(あんのみゆ)

home  PROFILE DIARY NOVEL  STUDY  Xcodeとswift  LINK

 

(※私は初心者です。勉強しつつ備忘録を書いていきます)

目次
Xcodeを始めた理由など
1.Xcodeのインストール

まず、Xcodeとswiftを勉強しようと思った理由は、アプリを作りたいという欲求からです。

以前ゲームを途中まで作ったけれど、うまくいかなくて断念したのですけれど、ずっと心にモヤのようにゲームが作りたいという夢が残っていて、選択によりストーリーが分岐する簡単な小説形式のものでもいいから作ろうと思っていたのですけれど、旦那様から「どうせ勉強するならswiftやりなよ」といわれたことで、アプリ作りの基本XcodeとSWIFTをやろうと思いました。

まったく何も知らない状況だったので、最初はネットで検索。

 

1.Xcodeのインストール

XcodeはMacでなければ使えないので、MacでAPP STOREを開きアプリをインストールします。無料です。

(アプリのインストールは旦那様が以前してくれていたので、それを私はそのまま使いました)

APP STOREを開き

 

検索窓に

「Xcode」と記載し検索。

「入手」のボタンを押します。

(※すでにインストール済みの方のアップデートには注意が必要です。バージョンアップすると、それまでのXcodeの知識やswiftの知識が使えなくなってしまう場合があるからです)

(※再起動が必要です。開き中の画面は閉じて問題ない状態になってから入手及びアップデートをしましょう)

 

注意お使いのマックがアップデートの自動更新をする設定になっているなら、やめといた方がいいかもしれません。

2.まずは練習ページを作ってみます。
2-1.「Create a new Xcode project」を選択します。

2-2.「Single View App」を選択します。

2-3.「Product Name」これはタイトルになるので わ私は「rensyu1」(最初「練習1」と名付けて知らなかったのですが英語じゃないとだめなようです)と記載。

2-4.「Organization Name」会社の名前などですね。私はアプリ制作者の名前「Miyu Anno」(ここも英語じゃないとだめです)といれておきます。空欄でもOK。

2-5.「Organization Identifier」会社のドメインの順を逆さにして入力しておくのが推奨されているそうなのですが、練習中はなんでもいいそう。

2-6.「Language」使用するプログラミング言語です。「swift」を選択します。

2-7.Nextを押すと保存場所を聞かれますので、自分の好きな場所を指定して「Create」を押せば、「rensyu1」(これを「プロジェクト」と言います)ができました。

 

ここまでが、昨日までに私が勉強したところです。(参考ホームページはリンクしていいのかまだ分からないのでリンクしていいなら後で更新します。あとで画像を貼り付けたり修正したりするかもしれません)

ここまでは簡単でした。

 

次回 Xcodeとswift編2:Xcodeのバージョン確認と閉じ方開き方など