好きな音楽(洋楽)1(来樹杏果)

home  PROFILE DIARY ESSAY NOVEL  STUDY  Xcodeとswift  LINK

 

好きなのはClark Datchler(クラーク・ダッチェラー)の「Drowning My Sorrows(愛の鼓動)」「Crown of Thorns(光を求めて)」、George Michael(ジョージ・マイケル)の「Faith」「Kissing a Fool」、Wham!(ワム!)の「Last Christmas」「Wake Me Up Before You Go-Go(ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ)」「The Edge Of Heaven」「If You were there」、Deon Estus feat George Michael(デオン・エスタス・フューチャリング・ジョージ・マイケル)の「Heaven Help Me」Spandau Ballet(スパンダー・バレエ)の「I’ll Fly for You」、One Direction(ワン・ダイレクション)の「Heart Attack」、Every Single Day(エブリ・シングル・デイ、韓国のシンガー)の「Echo」、Debbie Gibson(デビー・ギブソン)の「Lost In Your eyes」、Beth Nielsen chapman(ベス・ニールセン・チャップマン)の「All I Have」、Crowded House(クラウデッド・ハウス)の「Don’t Dream It’s Over」あたりです。

まだまだ上げたりないので、あとで好きな音楽(洋楽)2に書きますね。

 

Clark Datchler(クラーク・ダッチェラー)「Drowning My Sorrows(愛の鼓動)」

さいっこうに好きな曲です♪
歌っているのはJohnny Hates Jazz(ジョニー・ヘイツ・ジャズ)の一人。
声が澄んでいて、綺麗な声。
あまり他で聞かない曲調かなぁ。(私が知らないだけかも)
少し暗めの、バラードともポップな曲の中間な感じの、なんとなくモダンな感じがする曲。
間奏に入る楽器の音も聴き所。
歌詞は昔の恋を思い出して、失ったことを寂しがっている感じです。
次に紹介する「Crown of Thorns」と同じアルバム「Raindance」に入っています。

 

Clark Datchler(クラーク・ダッチェラー)「Crown of Thorns(光を求めて)」

歌っているのは、上で紹介した人で、Johnny Hates Jazz(ジョニー・ヘイツ・ジャズ)の一人。
高い伸びる声でバラード風の曲を歌い上げています。
歌詞は過去戦った英雄の悲惨な最期について書かれている感じです。
この曲調が大好きで、(歌詞は私の好みではありませんが)クラーク・ダッチェラーの声も大好きで、もう、必死で歌詞を覚えて歌おうとしていた時期があります。
懐かしいなぁ。
上で紹介したアルバム「Raindance」に入っていますが、次のリンク(アマゾン・ミュージック)で視聴と一曲買いができますよ。

 

George Michael(ジョージ・マイケル)「Faith」

昔買ったときは、訳を知らなかったのですが、どうもちょっとだけ、エッチい歌詞みたい。
最初は賛美歌でも始まるかのような感じに曲が始まり、澄んだ高い声で、明るく元気に楽しく歌っていますね♪
私のお気に入りの歌手です。
この方は下でも紹介するWham!(ワム!)の一人ですよ。
すごい才能のある方だと思います。
曲はいろいろな曲調を作り、歌詞もいろいろな風味のものを書き、そして歌唱力もあるのです。
アルバムによって、曲調も歌詞の雰囲気もだいぶ違います。
私は前期の頃の曲が好きですね。
アルバムは「Faith(Spec)」に入っています。下で紹介する「Kissing a Fool」も一緒に入っています。「Faith」のアルバムにも入っていますが、そちらは曲数が少ないです。(もしかしたら微妙に曲調が違うかもしれません)
「Faith(Spec)」はお気に入りの曲が他にも入っているので、こちらを紹介します。
視聴ができますので、よかったらお聴きくださいね。

 

George Michael(ジョージ・マイケル)「Kissing a Fool」

上で紹介した人で、Wham!(ワム!)の一人。
微妙に暗めのバラードで、失恋の歌かな?
とても綺麗な感じの曲調ですね。
もちろんお気に入りソング。
これも上と同じアルバム「Faith(Spec)」に入っていますので、リンクはすぐ上から行ってくださいな。
視聴もできます。

 

Wham!(ワム!)「Last Christmas」

George Michael(ジョージ・マイケル)とアンドリュー・リッジリーの2人組です。
George Michaelの方は1個上と2個上で紹介しましたが、ソロで歌っている曲は雰囲気がだいぶ違うのでご注意を。
Wham!といえば代表曲はこの曲だと思います。
日本人も知っている方が多い曲。
いろんな方がカバーしていますが、日本人ではEXILEがカバーしていますね。
曲調は明るく優しい感じでバラードの内に入るのかな?
クリスマスにピッタリの綺麗な曲ですよ。
歌詞は去年の彼女を思い出して、今はいないと嘆いている感じ。
高校の夏休みにこの曲の入ったアルバムを買った私は、この曲を何度もリピートして聴き、友達にも聴かせて、Wham!(ジョージ・マイケル)のファンにさせました!
アルバムはベスト盤「Final」を紹介します。
視聴ができますので聴いてみてください。

 

Wham!(ワム!)「Wake Me Up Before You Go-Go(ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ)」

George Michael(ジョージ・マイケル)とアンドリュー・リッジリーの2人組です。
George Michaelの方は2個上と3個上で紹介しましたが、ソロで歌っている曲は雰囲気がだいぶ違うのでご注意を。
1個上でも紹介しているグループです。

この曲が好きになって初めて洋楽に夢中になりましたよ☆
目覚めにぴったりな、曲調は明るく楽しげな感じ。
歌詞は、寝ている自分をおいてでかけていく彼女に「僕も連れてって」とせがむ感じ。
1個上に紹介したアルバム、ベスト盤「Final」の中に入っています。
視聴もできますので、聴いてみてください。

 

Wham!(ワム!)「The Edge Of Heaven」

George Michael(ジョージ・マイケル)とアンドリュー・リッジリーの2人組です。
George Michaelの方は3個上と4個上で紹介しましたが、ソロで歌っている曲は雰囲気がだいぶ違うのでご注意を。
1個上と2個上でも紹介しているグループです。
こっちは暗めの激しめでかっこいい曲調。
歌詞は束縛されるのを嫌がる彼女に対するちょっと強すぎる愛情を持った僕の気持ちを歌い上げています。
2個上でも紹介しているアルバム、ベスト盤「Final」の中に入っています。
視聴もできますので、聴いてみてください。

 

Wham!(ワム!)「If You were there」

あ、もうしつこい?
Wham!の曲です。1個上から3個上でも紹介済みのグループよ。
ソロでGeorge Michael(ジョージ・マイケル)が歌っている曲も先に紹介済みです。
明るく穏やかに誠実に彼女に愛を告げている恋の歌。
この曲はベストに入っていないので、こちらからどうぞ~。

Deon Estus feat George Michael(デオン・エスタス

フューチャリング・ジョージ・マイケル)「Heaven Help Me」

この曲の穏やかさ、神秘的な感じ、柔らかい感じが好きです。
デオン・エスタスさんについてはこの曲しか知らないので、この曲の紹介を。
視聴ができるので、ぜひ、聴いてみてくださいな。

 

Spandau Ballet(スパンダー・バレエ)「I’ll Fly for You」

「True」という曲が気に入ってアルバムを買ったのですが、こっちの曲のがめちゃくちゃ好きになりました。「True」もいい曲ですよ♪
少し暗めの曲調で、バラードっぽい感じ。転調するところで、ちょっと明るくなるのですが、そこが惚れ込んだ理由。でも、全体的に素敵な曲ですよ〜!
声は澄んだ高い声です。
私の買ったアルバムはベストです。上記「True」も入っています。

 

One Direction(ワン・ダイレクション)「Heart Attack」

私が買ったこの曲の入ったアルバムは、どの曲も大好きなのですが、この曲が、一番好き!
めちゃくそ明るい元気なナンバー。
歌っているバンドはアイドルグループですが、結構いいですよ!

Every Single Day(エブリ・シングル・デイ、韓国のシンガー)「Echo」

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」の主題歌です。
もう爽やかな透明な声と透き通るような曲調がいいです。
恋の歌です。

 

Debbie Gibson(デビー・ギブソン)「Lost In Your eyes」

友達が好きな歌手で、借りたらこの曲が好きになりましたっ☆
透き通る甘めの高い声。うう〜綺麗な声♪
少し明るい雰囲気のバラード調の曲です。
紹介するのはベストアルバム。曲が視聴できますので、聴いてみてください。


Beth Nielsen chapman(ベス・ニールセン・チャップマン)「All I Have」

素敵!
大好きな曲です。
ああ、綺麗な声。美しいバラード。
このアルバムで視聴して買ってください!

Crowded House(クラウデッド・ハウス)「Don’t Dream It’s Over」

この曲はラジオで聞いて虜となった曲です。
クラウデッド・ハウスは元々ロックの人かな?
この曲だけ雰囲気が違うので注意を。
バラードの優しい明るめの曲です。
声は透明感のある高めの声。(こういう声が好きなんです)
アルバムはベストを紹介。
視聴ができるので、聴いてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です