好きなアニメ(映画抜き)

好きなアニメ(映画抜き)は「恋と嘘」「魔法の天使クリーミーマミ」「愛少女ポリアンナ物語」「一週間フレンズ。」「ReLIFE」。結構少ないですね。

 

「恋と嘘」原作:ムサオ

16歳になると政府通知により結婚相手が通知されてしまう。それでも彼らは恋をする。
もし自分だったら、と思いながら見ました。面白かったなぁ。完結してないので、いつかまた放映してくれないかなと期待しています。

ストーリー。根島由佳吏は高崎美咲に16歳の誕生日目前、恋心を伝える。恋が実った直後、結婚相手の通知が。そこには高崎美咲と最初書いてあったのに、途中で違う人との通知に変更されて送られてきます。
そして、結婚相手となった子、真田莉々奈は、由佳吏が恋をしていることを知り、二人が幸せになるための協力を申し出てきます。
そして、由佳吏に恋をする親友の仁坂悠介が美咲と謎の会話をしていたり、いろいろ面白そうな未来を予感させ、放映が終わりました。
原作も機会があったら読みたいなぁ。

 

「魔法の天使クリーミーマミ」

何度も何度も子供の頃見ました。とっても大好きで、クリーミーマミが歌う歌も大好きで、いつかCDを買う予定です。ファンタジーでラブストーリーでそして歌手の歌を楽しむ話。最終話を見たくてしかたがなかったのに、事情があり何度繰り返してみても最終話を見ることができず、いつか見たいと思っています。
残念ながらTSUTAYAで探したとき見当たらなかったんですよね。
店舗によってはあるのかな?

ストーリー。主人公の森沢優はボーイッシュな髪型の女の子。幼馴染の大判俊夫に恋心を寄せています。そんなとき、夢の世界の子を助けたお礼に一年間魔法のステッキを借りることに。優が魔法のステッキを振ると、少しだけ成長。そして、歌手となりますが、その姿に俊夫は心惹かれてしまいます。
その頃見たことのない設定で、とても面白くて、毎日楽しみにしていました。うん。いつかDVDを買って見ようっと。

 

「愛少女ポリアンナ物語」

子供の頃見て、ポリアンナの考え方に感銘を受け、ポリアンナの境遇に涙して、最後までものすごく楽しんで見た作品です。原作の小説もすごい良かったです。小説では「少女パレアナ」「パレアナの青春」という題名です。

ストーリー。亡くなった牧師のお父さんの教え「よいこと探し」の遊びを行い必死に生きるポリアンナ。孤児になったポリアンナは叔母のパレーのもとで暮らすことになるけれど、暗い屋根裏部屋に入れられても、叔母のパレーに冷たくされても、「よかった」ことを探して健気に明るく生きていきます。パレーも最初は厄介者だと思っていたポリアンナに心を許し、優しくなっていく。そして、ポリアンナと知り合った人たちが幸せになっていく様が、感動的でした。
そんなポリアンナが歩けなくなったとき。「よかった探し」ができなくなり涙する姿に、あまりにも可哀想でしたが。うん、見てください。小説の方は大人になったポリアンナ(パレアナ)の恋も描かれていていいですよ。

 

「一週間フレンズ。」原作:葉月抹茶

友達の記憶を一週間ごとになくす少女と、彼女と友達になりたいと思った少年の話です。
流れていたオープニング「虹のかけら」とエンディング「奏」もとてもよかったです。
ストーリーはとても感動場面も多く、思わず先が知りたいために原作コミックを買ってしまったほどです。

ストーリー。高校生の長谷祐樹が友達になりたいと声をかけた藤宮香織は、いつも屋上で一人でお弁当を食べています。祐樹は彼女と屋上でご飯を食べるようになりますが、金曜日に「友達との記憶がなくなる」と言われます。そして、記憶のなくなった香織に毎週「友達になってください」と声をかけ続ける祐樹。
そして香織自身の記憶に変化が起きて。って感じですかね。とても爽やかなラストが良かったです。

 

「ReLIFE」原作:夜宵草

会社を辞めたあと仕事に就けず友達にも仕事をしているふりをしていた海崎新太は、体が若返る薬をリライフ研究所という会社から渡され、高校三年生の生活を再度経験することになります。
そして人付き合いの下手な日代千鶴の友達作りを手伝うことに。
とても面白かったです。後半は背景人物をかなり手を抜いている感じで残念でしたが、ストーリーはとても良かったです。
私は原作は読んでいませんが、原作をいつか読んでみたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です