Xcodeとswift編1:最初の一歩 by.安野水優(あんのみゆ)

home  PROFILE DIARY NOVEL  STUDY  Xcodeとswift  LINK

 

(※私は初心者です。勉強しつつ備忘録を書いていきます)

目次
Xcodeを始めた理由など
1.Xcodeのインストール

まず、Xcodeとswiftを勉強しようと思った理由は、アプリを作りたいという欲求からです。

以前ゲームを途中まで作ったけれど、うまくいかなくて断念したのですけれど、ずっと心にモヤのようにゲームが作りたいという夢が残っていて、選択によりストーリーが分岐する簡単な小説形式のものでもいいから作ろうと思っていたのですけれど、旦那様から「どうせ勉強するならswiftやりなよ」といわれたことで、アプリ作りの基本XcodeとSWIFTをやろうと思いました。

まったく何も知らない状況だったので、最初はネットで検索。

 

1.Xcodeのインストール

XcodeはMacでなければ使えないので、MacでAPP STOREを開きアプリをインストールします。無料です。

(アプリのインストールは旦那様が以前してくれていたので、それを私はそのまま使いました)

APP STOREを開き

 

検索窓に

「Xcode」と記載し検索。

「入手」のボタンを押します。

(※すでにインストール済みの方のアップデートには注意が必要です。バージョンアップすると、それまでのXcodeの知識やswiftの知識が使えなくなってしまう場合があるからです)

(※再起動が必要です。開き中の画面は閉じて問題ない状態になってから入手及びアップデートをしましょう)

注意お使いのマックがアップデートの自動更新をする設定になっているなら、やめといた方がいいかもしれません。

 

2.まずは練習ページを作ってみます。
2-1.「Create a new Xcode project」を選択します。

 

2-2.「Single View App」を選択します。

 

2-3.「Product Name」これはタイトルになるので わ私は「product」(最初「練習1」と名付けて知らなかったのですが英語じゃないとだめなようです)と記載。

2-4.「Organization Name」会社の名前などですね。私はアプリ制作者の名前「Miyu Anno」(ここも英語じゃないとだめです)といれておきます。空欄でもOK。

 

2-5.「Organization Identifier」会社のドメインの順を逆さにして入力しておくのが推奨されているそうなのですが、練習中はなんでもいいそう。

 

2-6.「Language」使用するプログラミング言語です。「swift」を選択します。

 

2-7.Nextを押すと保存場所を聞かれますので、自分の好きな場所を指定して「Create」を押せば、「練習1」(これを「プロジェクト」と言います)ができました。

 

ここまでが、昨日までに私が勉強したところです。(参考ホームページはリンクしていいのかまだ分からないのでリンクしていいなら後で更新します。あとで画像を貼り付けたり修正したりするかもしれません)

ここまでは簡単でした。

 

次回 Xcodeとswift編2:Xcodeのバージョン確認と閉じ方開き方など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です